フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 駆動系 | トップページ | 排気系(調査) »

2006年9月 5日 (火)

排気系(分解編)

合間を見て、今回は排気系3点のクリーニングです。
チャンバーを外す為にエアクリーナー、リヤサスも外します。

Cimg0000_18

で、このクリーニングに使っている洗剤がこれ!ザ・パワークリーン。
工業用洗剤で、ちょっとした油汚れなら、液を10~20倍に薄めて使用します。
汚れの酷いものはちょっと濃い目に。

Cimg0001_11

チャンバーとエキパイ、サイレンサーの芯は液に浸して、しばらく放置します。
(極力アルミ系には使わないほうがいいんだけどね)

今年2月、シリンダーやピストン、ヘッドのカーボン除去も、これを使えば簡単でした。
当初、市販のカーボンリムーバーを使っていたのですが、たっぷりこびり付いた
カーボンの除去には苦労したんだよね。

« 駆動系 | トップページ | 排気系(調査) »

コメント

ザ・パワークリーンですか、名前からしても良さそうですね。
私は、「カーボンを焼き切る」にこだわってきましたが、これも良さそうですね。
でも、ちょっと気になるのはチャンバー内のグラスウールのタールは落ちるのでしょうか?
宜しければ、使用感を教えて下さい。

草刈りマンさん、そうなんですよ。
私も、それが気になってたんですよね。
チャンバー本体、年1回はウール交換するのですが、クリーニングでどれくらい落ちているのかがね。
で、今回は、サイレンサーをそのまま浸け込んでみました。
そして、中を開けてみてウールの状態で少しは落ち具合を判断できるかな?って思ってます。

パイプ洗浄剤だとグラスウールが溶けるとかの話で、
工業用洗剤の効果はどうなのかな?((o(^-^)o))ワクワク
まあ、もうタールは出ないエンジンになっちゃったんですけどね〜

練習菌さん、私もタールが出ないバイクに乗り換えたいです。(^_^;)

私の場合、
 エキパイ   →焼き上げます。
 シリンダー周り→シンナーで洗浄。
 チャンバー  →やっぱり切開してリフレッシュしてもらいます。

って感じでしょうか。ザ、パワークリーンの仕事振りに興味津々です。

 4ストの給排気系もすぐにカーボンだらけになって掃除が大変です。調子も随分変わりますし… スス系のカーボンにも効くかなぁ…

だんなさん、普通はこのパターンだよね。
私もチャンバーは1年に1回、切開してリフレッシュしてもらいます(流石にこれはできない)。
後のエキパイとサイレンサーは、定期的に、パワークリーンですね。

個々に結果報告しますので。

やおめさん、私はREV3の前に98モンテッサに乗っていましたが、チャンバークリーニングは自分でやっていました。
アルミ溶接は簡単には出来ないので、次の方法でやっていました。
①チャンバーのキャブ横とサス横の二箇所を大きめに切り取る
②グラスウールをかき出す
③カーボン、タールを焼き切る
④グラスウールをキツメに入れる
 (この入れ方で特性が変わります。ちなみに2回やり直しました)
⑤切りあけた穴に一回り大きめのフタをアルミ板で作る
⑥15~20mm間隔でブラインドリベット下穴をあける
⑦チャンバーの穴の周りに液状ガスケットを塗る
⑧フタをかぶせ、ブラインドリベットで固定する
文章で書くと大変そうですが、やると2時間位で出来ます。
REV3はグラスウールではなく、スチールウールですから、焼いていますがウチの会長(RTL)は①~⑧の作業を年1回やっています。
一度、トライしてください。 ^^

ナンバー付きの一般車両でも、こういうメンテはしたほうがいいんですかね??

草刈りマンさん、ありがとうございます。
チャンバーの場合は、カバーを切り取って、また密閉しないといけませんからね。
やる!やらない!は別にして参考にさせてもらいます。

おーさん、私で年間20回ほどの練習+大会でしょうか。
こんな少ない回数でも1年以上排気系をクリーニングしないと、タールがツナギ目からでてきますからね。
私なんかは低速での走行がほとんどなので、特に酷いんだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166179/11768167

この記事へのトラックバック一覧です: 排気系(分解編):

« 駆動系 | トップページ | 排気系(調査) »