フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月に作成された記事

2006年10月30日 (月)

移植(中)

この週末は通勤快足号シグナス125へのフロント移植作業です。
フロントフォークのオーバーホールも無事完了し、移植作業も終盤へ。

で、ここで問題発生、フロントの移植に伴い、外装部品も新しい物へ
移植するのですが、現状の配線と新パーツの配線のカプラが異なります。

新しい物でも傷み具合の酷い物は、旧タイプのパーツを利用しようと
いいとこ取りを試みたのですが、カプラの違いで残念。
これは、痛み具合の酷い方を使えば問題ありませんが、
ウインカーは配線を作るしかなさそうですね。
Cimg0007_3

2006年10月26日 (木)

移植準備

あいかわらず、忙しい日々は続いているのですが、
何とか土曜日には通勤快足号への部品移植、日曜日はトラ練を予定してるので
日々、明け方からの作業を続けております。
(年寄りなので、早起きは得意なのだ(^_^;)。もう少しです。頑張るぞ!)

で、そろそろ移植準備と言う事で、
疲れた体にムチ打って、シグナスの外装を外しました。
で、どうしてもステアリング・ステムを固定しているナットが外れない。

流石に、夜に「カン!カン!」ナットを叩くわけにもいかないのでね。
残りは土曜日となりそうです。
Cimg0004_6

2006年10月21日 (土)

キャリパー

昨夜、ちょっと時間があったので、キャリパーの組立てをやりました。

全てのパーツを洗浄して、各部チェック!
交換パーツはありませんでしたが、不足のパーツが1点あったので注文してます。

下記が洗浄したパーツです。
洗浄前に、「このパーツは黒か!」なんて思ってたパーツが、洗浄すると
それは汚れだったのね(一番下のコの字のパーツ)(^_^;)

あと、組立て時に必要なのが、シリコーングリース(写真右)
ブレーキフルードの漏れを、しっかりガードしてくれる必需品なんですよ。
これが必要!なんて知ったのは、ここ2,3年くらい、いい勉強になります。
Cimg0000_25


とりあえず、仮組状態まで。
あとは、フロントフォークの組立てが終わって、
いよいよフレームに取り付ける際に、最終チェックです。
Cimg0001_16

2006年10月20日 (金)

フロントフォーク

今使っている95年式シグナス125へ移植予定のフロント一式、
そのフロントフォークですが、まずは分解。

サービスマニュアルと送ってもらった手順書を見ながら、コツコツと!
あとは、綺麗にして元通りに。

それにしても、フォークオイル、汚ね~~!

Cimg0000_24

2006年10月10日 (火)

分解!

譲っていただいた、96年式?のシグナス125のフロント一式。
これを私の通勤快足号である95年式シグナス125へ移植します。
まずは、分解して個々に清掃・組立てです。

Cimg0000_20


まずはキャリパーからです。
譲っていただいたsatoruさんの話では、どう言う理由なのか???ですが、
ブレーキパッドが1個しか取付けされてなかったとか。
不思議です、通常は2個なんだけどね。

Cimg0001_13


ディスクもかなり減ってます。ダメです、交換ですね。
Cimg0002_6



2006年10月 1日 (日)

ブレーキ

通勤に使っている95年式のシグナス125スーパー通勤快足号!。
フロントブレーキは写真のようにドラムブレーキ。
Cimg2076


これが、あと1,2年新しい年式になればディスクブレーキなんだよね。
ディスクにしたいな!!!、でも.....新品を1セット買うにはお金がね.....

って、そんな時ブログ仲間「8畳の秘密基地」でおなじみのsatoruさんから、
中古のパーツが一式あるよ!とのありがたいお言葉。
お安く譲っていただきました。

そのまま組み付けるのは無理なので、分解・清掃はもちろん、消耗部品は
注文して交換します。通勤快足号への組付けは冬かな~。
とりあえず、合い間を見て分解・清掃です。
Cimg2074

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »