フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 整備(リヤ回り) | トップページ | Fフォーク分解編② »

2007年12月27日 (木)

Fフォーク分解編①

今回の整備はフロントフォークです。まずはL側を。

皆さんから、いろいろアドバイスを頂いての挑戦です。
当初、こと細かくデジカメに記録して、次回の参考に!と思ったのですが、
油で汚れた手では大変で、そんな余裕がなかった!と言うのが本音です(笑)

第一の難関、ボトムケースの底にあるセンターボルトの緩め作業ですが、
これは、仕事で使っているエアーインパクトドライバーを使用しました。
これが外れれば、あとは慎重に分解するだけ。

ダストシール、ストップリングを外して汚れたオイル抜きます。
リング、カラー、シリンダー等々、インナチューブの中に入っているパーツを外します。
最後に、インナーチューブ上下させながら、ゆっくりとオイルシールを外せば完了です。
ふぅ~~
Cimg0000


L、R側ともに交換するパーツは、この4点です。
ダストシール、オイルシール、ガイドブッシュ、スライドブッシュです。
Cimg0001


次に、分解したパーツを個々に綺麗!綺麗!してやりましょう!
今回、チューブ内を綺麗する為に、こんな物を使ってみました。
直径10ミリほどの木の丸棒です。
Cimg0007


綺麗になりました。
2月に購入して10ヶ月乗っただけですが、案外汚れているんですね。ビックリ!
Cimg0002


続きは、組立て編へ........

« 整備(リヤ回り) | トップページ | Fフォーク分解編② »

コメント

ふむふむ…♪

>ガン野さん、
ボトムケース底のセンターボルトが外れれば、後は細かな作業ですが、
心配していたほど大変な作業でもなかったかな。
とは言っても、バイクに組み付けて、オイルが漏れるようじゃ、洒落にならないけど......(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 整備(リヤ回り) | トップページ | Fフォーク分解編② »