フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« クラッチトラブル(準備) | トップページ | クラッチ取付(注意点) »

2009年6月28日 (日)

クラッチトラブル(判明)

今日は子守の予定ですが、合間を見て前回トラブルの原因究明です。

まずはクラッチ本体から分解です。いつもの工具を使って!
Dsc0000


大会前にミッションオイルを交換したのですが、酷い汚れでしたね。ビックリ!
クラッチ板の板厚を測定しましたが規定内と言う事で問題なし。
Dsc0001


さて、いよいよ一番怪しいクラッチカバーの歪みですが..........
原因はカバーでした。歪んでピストンを外すのも大変です。

何とかピストンが外れたのでOリングを外し、どれくらい歪んでいるのか確認です。

ピストンの外形にも若干キズらしきものがあったので磨きます。
その後新しいカバーに取り付け。
何のストレスもなく綺麗に入ります。もちろん!ひっくり返せば外れます。
Dsc0002_2


ちなみに古いカバーには.....まったく入りません(汗)
円が楕円になっています。カバーの中央辺りを強く打ち付けたのでしょうか
Dsc0003


交換するべきか迷ったのですが、カバーにクラック等も見当たらないので、
穴面をピストンが干渉なしで入る状態まで修正して使うことにしました。

これでクラッチ本体も軽くなるし、選手権の時のように、
クラッチが繋がらなかったとか、急に繋がったと言うトラブルもなくなると思います。

後はフルード注入、エアー抜き。そして実走テストですね。

« クラッチトラブル(準備) | トップページ | クラッチ取付(注意点) »

コメント

原因はカバーでしたか。
そこまで変形するとは、何処をぶつけたのかなあ?
修正はリーマ?
な訳はないか

>菌さん、
カバーはもちろん、フレームやマフラーカバーにも生々しい傷後が.....(笑)
灰塚ダムの会場は、整地された場所に岩が持ち込まれて置かれた、
どちらかと言えば西脇パークのような会場。
スタート前にこの岩場でガンガン!練習してましたからね(汗)
え?修正ですか。黄金?の人差し指でひたすら磨き続けました(笑)

試合前の過激な練習は問題かもね〜?

そうか〜、やおめさんの人差し指は、チタンコートで
金色に光る仕上げ用のエンドミルと化す訳ですね。
(^_^;)\('_') ォィォィ...

>菌さん
精度はよくありませんが軽切削程度なら.....
重切削は体力不足で折れるかも(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クラッチトラブル(準備) | トップページ | クラッチ取付(注意点) »