フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« クラッチ取付(注意点) | トップページ | クラッチトラブル(解決への1歩) »

2009年7月11日 (土)

クラッチトラブル(再発)

先月の選手権でのクラッチトラブルの原因も分かり、修理も終わりました。
さてさて、後は実走にてチェックと思い、今日はいつものパークへ。

到着後、ボルト・ナットの緩みを確認し、早速チェック開始。
しか~~し、今度はクラッチが切れません.......あれ????
エアー抜きが完璧じゃなかったのかな??とその場で応急処置。
しかし症状かわらずで練習を残念(泣)。到着後15分ほどで退散となりました(笑)
Cimg0001


自宅に帰って、クラッチカバーを新品に交換したり、クラッチ板を組み直したりと
いろいろやってみましたが、まったく症状変わらず.....お手上げです。
Dsc0004


これ以上私が考えられるのは、やっぱりクラッチのエアー抜き不足。
他に考えられる原因ってあります?
何かあれば教えてください!!

« クラッチ取付(注意点) | トップページ | クラッチトラブル(解決への1歩) »

コメント

古いカバーの場合は、歪んでクリアランスが広がった
ところから、フルードが漏れた可能性がありますが、
新品のカバーの場合は、エア抜き不良しか考えられない
ですねえ。
相手がバネなので、圧力が上がらず、気泡が小さくなりにくいので、クラッチのエア抜きは難しいんだよなあ。
組む時に工夫しないとなあ。
私はそれがいやなので、クラッチの油圧はばらさない〜

レバーのタッチは前と同じようにバッチリですか?

それともクラッチ本体の組ミスか?
送り部分なのか極めないと!

前回、修正の時に「怪しい?」とおもったのですが、カバーを研磨修正しなければピストンが入らない症状だった様ですが、ピストンも歪んでいませんか?
今回、カバーは新品にしてもピストンも新品に交換してなかったらピストンが怪しいのでは?

>菌さん
ありがとうございます
クラッチの組ミスやナットの締めすぎ等もチェックしましたが、????で
今日、マスターも分解して、またやり直します。
2ストの頃から、クラッチは分解していましたが、こんな苦労はなかったような....トホホ
 
>60さん
アドバイスありがとうございます。
レバーのタッチは今までのような感触です。
私は送り側が怪しいと思っているので、マスター側を分解して、再度チャレンジしてみます。
 
>ok!nextさん
ありがとうございます。
ピストンですか.....
一度測定してみます。
怪しいと思う部分をクリアしないと、整備迷子になりそうです(笑)

大変そうですね(^^;
とりあえず、カバーを外した状態でレバーを動かしてみて、ピストンがきちんと動いているか確認してみてはどうでしょうか?
あとはちょっと力が要るかもしれませんが、クラッチ側をピストンが押してる状態を再現してみて、動くかどうか確認してみるとか・・・?
手元に実物があれば、調べるポイントも見えてきそうですが、想像ではこれくらいしかアドバイスできませんで、すみません。

>drワケーさん
ありがとうございます。
ピストンの動きはその場で確認したのですが、これと言って気になる点はありませんでした。
合間、合間と言いながらクラッチ整備も数日かかっての作業だったので、
それにも問題があるのかな?と反省。今度はしっかり時間を設けて1日で仕上たいと思います。
来週は、いよいよ6戦(鳥取)ですね。
思いっきり楽しんできてくださいね。
松ちゃんにも「今度はお立ち台真中やで!」とお伝え下さい。
バイク整備が終わったら、今度はM佐に修行に行きますね。

やおめさんが、わからないんじゃ私は・・・

私も、組んでからなんか 切れ具ワイが変なんですよね。

クラッチカバーを外しているときは、マシンを倒しておかないと、
ミッションオイルがでちゃうし、その状態でクラッチのマスターの方は普通の状態とはかけ離れているので、
エアー噛みするおそれが大。
マスターをチェックするときに、フルードを満タンに入れといてね〜。
基本的に空気が残っててはだめで、ゴムのジャバラが伸縮して体積の変化を受け止める。
上手に組むと、逆さにしてもエアーは噛まない。

まあ、悪い方のクラッチカバーを付ければ、オイルは漏れないからマシンを起こせるなあ。
で、シャコ万でピストンを拘束してエア抜き作業をする事が出来る。
ピストンの方は鉄のかたまりだから、変形とか考えにくいけど、とりあえず寸法はチェックだね〜。

スレーブピストンを組む時に、あらかじめフルードを
入れておくと、追い出すエアーはホースより上だけに
限定されるよなあ。
ただしフルードが吹き出すから注意してね。

まさか、スレーブのピストンにオーリングを入れ忘れたとか〜?
(^_^;)\('_') オイオイ、チョットマテ

>ガン野さん
中途半端な知識なのでポイントが絞れないんでしょうね。
今日も作業しましたが、今だ解決せず!!
 
>菌さん
アドバイスありがとうございます。
今日もマスター分解して再チャレンジしたのですが、解決しませんでした。
ピストンは、マイクロで測定しましたが変形はなかったですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クラッチ取付(注意点) | トップページ | クラッチトラブル(解決への1歩) »