フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月に作成された記事

2012年1月31日 (火)

プチ整備

先日(28日)は岡山でトラ練でした。
その時にケガの事で話が盛り上がったのですが、

その一つに、写真のボルトの出っ張りで指をケガされた方がいたそうです。
倒れそうになったバイクのハンドルを持った際に、この出っ張ったボルトで
指を切るという大きなケガをされたそうです。
Dsc00686


早速、余分に出っ張った部分を削り落しました。
もちろんクラッチ側も。
Dsc00689

2012年1月28日 (土)

フロントホイールカラー

RTL-Fに他のバイクのフロントホイールを装着するためにカラーを加工しました。

データは以下のとおり。
1.ハブの幅が違う(-6.0ミリ)
2.ベアリングの内径が違う(RTL-Fはφ20.0ですがφ25.0に)

そこで、こんなカラーを自作しました。
写真右の大きい方が、フロントキャリパー側ですね。
Dsc00679


先日加工したアクスルシャフトで取付確認をしました。
ベアリング内径25.0に対して、φ24.95で加工。
アルマイト処理によりφ24.97強になると予想。
Dsc00680

2012年1月21日 (土)

アクスルシャフト追加工

こんなモノを預かりました。
中抜き軽量加工されたフロントアクスルシャフトと取り外し工具です。
Cimg3143


購入されて、早速愛車RTL-Fに取付。
後日外そうと工具をセットしたものの、まったく外せなくて困ったそうです。

どうやって外したか!
バイクをしっかり固定してフロントタイヤが着いたまま、フロントフォークを抜きます。
そして、な!なんと、一方のフロントフォークを回転させてタイヤを外し、
やっと取り外しできたそうです.........ご苦労さまでした。

よくよく見ると、取り外し工具をセットする溝は浅く、
「Uの字」というより「Vの字」状態........これでは滑って外せません。
Cimg3144


そこで、新たに、こんな溝を加工しました。
Dsc00674


そして、同じような取り外し工具を加工。
写真のピンはφ5のドリルを切断してシャンク部を流用しました。
Dsc00675


こんな感じで使用。これならピンが滑ることもないので、取り外しも問題ないかな?
後は使ってもらって確認!
Dsc00676

2012年1月12日 (木)

続、サブフェンダー

修理中のサブフェンダーです。
不要な部分を削り落としたのが、これ!
Dsc00667


そして、取付確認.......問題なし!。
Dsc00668


このままでもよかったのですが、黒のスプレーでお色直し!
完成です。
Dsc00669

2012年1月11日 (水)

サブフェンダー

模型用のFRP補修キットが届いたので、今日はサブフェンダーの修理です。

私が使っているのはFRP製のサブフェンダー。
昨年の転倒でサイド部分が割れてしまいました。
Dsc00658


まず始めに、
割れてしまった部分を削ります。(もう少し大きく削ってもよかったかな~)
Dsc00660


付属の2種類のマットを使用。上記の削った部分の大きさくらいにカットします。
Dsc00662


ポリエステル樹脂と硬化剤を100:2の割合で攪拌します。
先ずは外側の面から。少し厚めに積層しました。
見た目は悪いですがcoldsweats01、初めての作業ですから........この状態でしばらく放置。
Dsc00665

数時間前に攪拌した樹脂はすっかり固まってしまったので、
もう一度樹脂と硬化剤を攪拌して、今度は内側の面を積層します。

ガラスクロスを外側と内側の間に1枚だけ積層したのですが、
強度UPの為に、もう1,2枚積層してもよかったかな~~
Dsc00666


最終仕上げは後日.........

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »