フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月に作成された記事

2012年9月27日 (木)

整備(リンク)

本日はリンクまわりの整備です。
Dsc00846


アームクッションも少し変形したようで、ボルトが入りません。
Dsc00842


写真のアームクッションはフランジナット側。
ボルトのストレート部が短いので、タップ跡が穴の側面に........
Dsc00844


ロッドがカラーも含めて35ミリ、アームクッションの厚みが各5ミリなので、
45ミリのストレートがボルトにあればいいのでしょうが、実測は40ミリ弱。
どうして45ミリじゃないんでしょうねぇ........
Dsc00845


近くのホームセンターや通販なのでフランジボルトを探したのですが見つからず、
そこで、六角穴付きボルトを代用品として使用することにしました。
3本とも交換するか、1本だけ交換するか.......
Dsc00854


と思ったら、よくよく見ると、タップが細目(P1.25)........
買ってきたのは並目(P1.5)........
アームクッションも在庫がなかったので製作。
只今ボルト待ち。
Dsc00855


やっとボルトが届きました。
Cimg3569 

2012年9月22日 (土)

ハンドルホルダー完成

先日紹介したBETA EVOのハンドルホルダー。
完成です。
Dsc00865


形状やポジション位置は同じで、違いは2本のボルトで固定できるようにしました。
前後を入れ替えればポジションも変わるように、といっても3ミリですけどねcoldsweats01

さて、気になる重さですが.....
純正は182グラム。
Dsc00867


今回自作したパーツはボルト2本で固定なので、パーツに2本のボルトを載せて....
159グラムでした。23グラムの軽量ですhappy01happy01
Dsc00869


2012年9月21日 (金)

ハンドルホルダー(純正)

BETA EVOのハンドルホルダーです。
Dsc00860


上部のクランプ部が割れてしまいました。
この部分だけの単品販売がないので、自作します。Dsc00861

2012年9月17日 (月)

整備(ステップボルト)

ステップのボルトを半タップ部分が長〜いボルトに交換。
Dsc00856

先端を切断して長さを合わせたのですが.......ちょっと短かったかなぁcoldsweats01
Dsc00859

2012年9月14日 (金)

整備(配線)

愛車RTL君、現在リヤー回りを全バラして整備中。
スロットルボディーなども外して綺麗にしていて気がつきました.....

1.アース線が切れかかってましたcoldsweats01
Dsc00852


2.エキパイに触れて溶けた箇所も......coldsweats02coldsweats02
Dsc00853


配線をすべて外して確認です。

2012年9月 6日 (木)

ベアリング圧入

今日はベアリングとダストシールを圧入します。
以前自作したベアリング圧入治具を使用します。

自分で言うのもなんですが、この治具は便利です。
聞くところによると、ショップなどにも同じような治具があるそうですね。
Dsc00835


以前はソケットレンチを使って3ミリを測りながらジワジワと圧入していましたが、
この治具を使えばダストシール3ミリ分深く圧入することができるので、楽チン!
Dsc00838

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »