フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月に作成された記事

2014年5月24日 (土)

リム芯だし

今日はリムの芯だしを行いました。

スイングアームにゲージを固定し、リムを回転させながらの芯だしを行います。
根気のいる作業ですが、何とか±0.2ミリまでに調整。
Dsc01313

2014年5月21日 (水)

リム加工と組立

探していたDIDのリムが見つかりましたhappy01
早速軽量加工をして組み立てます。
Dsc01298

ニップルはミタニのアルミタイプ。
それ以外は純正です。
Dsc01303

まずはスポークから。
これがなかなか複雑で、最後の1本が入らず悪戦苦闘coldsweats01
Dsc01305
なんとか仮組まで終わりました。今日はここまで・・・・・
Dsc01306
芯だしは後日ですね。

2014年5月17日 (土)

タンクラバー交換

タンクラバーを交換しました。
外れかけてたのでね~
Dsc01295

4個とも交換。これでしばらくは安心です。
Dsc01296

2014年5月15日 (木)

フォーク整備

お願いしていたシール類も届きましたので、ダンパー側の分解整備です。
今回交換するのは、ダストシールにオイルシール、そしてガイドブッシュです。
Cimg4021


無事に組立まで完了です。
その昔、オイルシールを打ち込む際にシャフトを入れるのを忘れて
コンコンやっていたら、穴が変形してシャフトが入らなかったことがありますcoldsweats01
失敗すれば学ぶですね。happy01
Cimg4022


オイルはナミタRSで販売されているものを使ってます。
Dsc01287

そして自作パーツの登場。油面高さ調整用に作ったレベルゲージですね。
Dsc01289

2014年5月14日 (水)

フロントタイヤ交換

お願いしていたチューブが届いたので、早速作業再開です。

ビートにチューブを挟まないように注意しながら作業を!
無事にビートもセットできたので空気を入れるですが・・・・・一向に膨らみません。

やっちまったな~~と、またタイヤを外して、チューブの確認。
するとご覧の場所に穴が4個も・・・・・

場所的に挟んだとは思えない・・・・・ホチキス?のような跡・・・・・・
Dsc01290_2


購入早々パンク修理をして再取り付け。
Dsc01293


タイヤ交換はしばらくいいですぅ・・・・・・coldsweats01coldsweats01

2014年5月13日 (火)

リヤタイヤ交換

フロントタイヤは後回し、先にリヤタイヤを交換。
Cimg4018


缶を詰めて左右のビート部を広げていた甲斐があり、短時間で終了。
今までで一番早かったかもhappy01
Dsc01288

2014年5月 5日 (月)

整備(フロントタイヤ)

連休後半は家族サービスの予定でしたが、
次男がお疲れのようで自宅でのんびりです。
4日早朝5時から大阪に遠征、帰宅が午前様でしたからね。寝不足みたい。

そこで午前中は整備を。
フロントフォークからのオイル漏れが酷く、重い腰をあげて分解ですcoldsweats01
Dsc01279

スプリング側はオイル交換だけに。そこで、今夜は逆さにして放置。
Dsc01281

そこでフロントタイヤの交換です。再度が割れてもうダメ!!coldsweats01
Dsc01284

新しいタイヤを取り付ければ終了の予定でしたが、

最後の最後でチューブを噛んでしまい。ご覧のあり様coldsweats01

何度もパンク修理したチューブなので、この際交換することに。
今回は場所的にも難しい場所だったのでね。
Dsc01286





2014年5月 3日 (土)

リムの軽量加工

写真はモラッドのリムとDIDのリムです。
Dsc01277


モラッドのリムは硬質アルマイトなのでしょうか?厚く感じます。
モラッドは重さ2キロ
Cimg4003


それに比べてDIDのリムは重さ1.8キロ
モラッドの方が軽いと聞いていたのですが、聞き間違いだったのかな?
Cimg4004


そして、さらに軽量化のために削ったのがこちらです!

削ってもクラックが入らないように少し大きめの「R」で。
どちらも150グラムほど軽くなったかな。
Dsc01278

« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »